足立区では戸建てがマンションどちらがお得?

足立区の戸建て情報

住宅

足立区の住宅事情

更新日:

やっぱり戸建て!?

 

東京23区の北端に位置する足立区は荒川と隅田川に挟まれていて、

 

川を越えると東京のベッドタウンの代表格、千葉県です。

 

そのため、足立区自体が東京のベッドタウンの性格を併せ持ち、

 

統計データでは昼間の人口(区外に通勤・通学する人を引いて、

 

区外から通勤・通学してくる人を足した人口)よりも夜間の人口(区内在住の人口)の方が15%ほど多くなっています。

 

区内在住の人口が昼間の人口より多いのは住宅街が多く、

 

住みやすい環境の証左といえますが、戸建て住宅は面積規制がなく

 

、建蔽率・容積率も緩やかなため、土地を縦に空間として利用した東京らしい家(3階建て以上の戸建て)が建てやすいのも特徴です。

 

住宅を建築する際の土地規制について、建蔽率・容積率・用途地域はよく知られていますが、

 

そのほかに東京23区内でも家を建てる場合の敷地の最低面積の制限がある地域があり、例えば中野区の場合は60平米です。

 

これは都市計画や防災のために住宅の区画が細分化するのを制限するための規制ですが、

 

都内は土地の価格が高く広い敷地は高嶺の花であることや、建蔽率・容積率が大きければ土地を立体的に活用できること、

 

少子化・核家族化で世帯当たりの人数が少ない世帯が増えていることなどから、

 

立地を重視して広さを求めない需要は今後とも増えることはあっても減ることはありません。

 

そこで、足立区は都内に戸建てを持ちたい人にとって有望な選択肢の一つということができます。

 

また、足立区では駐車場を有した戸建ても多く、車を趣味としている家庭には比較的人気のエリアでもあります。

 

中古車販売店や買取店も多いため、車好きが集まるエリアでも有名です。

 

足立区の車買取屋ランキングなども、車好きの方には参考にされています。

 

このように、どちらの駅周辺の戸建て住宅でも、比較的駐車場を確保できる住宅や土地が確保できるので、

 

ファミリー層がとても多いエリアと言えます。

 

戸建ての平均平米数は、2階建て戸建て住宅の場合、大凡70平米から100平米くらいが多く、

 

3外建て戸建てが大凡、45平米から65平米くらいが一般的です。

 

最近では下町人気の影響もあり、23区内でも人気のエリアになってきています。

-住宅

Copyright© 足立区の戸建て情報 , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.